膝・脚の付け根・股関節の痛み

「膝・脚の付け根」「股関節」の痛みとは?

  • 歩き始めに膝が痛む(しばらくすると楽になる)
  • 『変形性膝関節症』と診断されたことがある
  • 長時間歩いていると膝の内側や外側が痛む
  • 足の付け根、股関節が痛む(片側、両側)
  • ももの外側や前側が痛い、しびれる
  • ふくらはぎがよくつる
  • 冷え性で足先がとくに冷たい
  • よく捻挫をする
  • ひざの後ろが痛い、ひざの後がはる

何が原因?

長時間のデスクワーク

長時間パソコンに向かい座っていていると、ほぼ90度を維持したままほとんど動かすことのない膝関と足の付け根の筋肉。

1日7~8時間のデスクワークを1週間、1ヶ月、1年と続けているうちに、足の付け根だけでなく、股関節全体の動きが悪くなっていきます。

歩き始めなど、この縮んだ筋肉が急に伸ばされると、筋肉の付着部である足の付け根に痛みがでることがあります。

運動不足や継続的な前かがみ姿勢

運動不足や骨盤が前に倒れるような「前かがみ姿勢」がクセになっていると、股関節を曲げる筋肉の大腿四頭筋が縮んで短くなってきます。

そうなると、立ち上がって歩こうとしても骨盤がうまく立たずに「前かがみ姿勢」「歩幅の狭い歩き方」に体が慣れてきてしまいます。

実はこの2つの習慣が、膝と足の付け根に非常に負担をかける原因になります。

O脚、変形性膝関節症による膝・足の付け根への負担

O脚の特徴である膝のお皿が内側を向く姿勢がクセになっていると、歩いたり階段の昇降をする度に、膝関節の内側の軟骨同士が繰り返しぶつかり、軟骨が磨り減ったりトゲができたりといった変形を起こし、痛みの原因となります。

またご高齢者の方で歩き出すとき、立ち上がるときに膝が痛んだり、膝の内側だけ痛い、正座ができないという症状は、高齢の方であれば変形性膝関節症の可能性が考えられます。
膝に水がたまった経験がある方などは注意が必要です。

産後の子育て

当院に通っていらっしゃる産後間もないお母様からの訴えが多いのも「足の付け根の痛み」です。

授乳や寝かせつけ、限られた時間での炊事、洗濯など、あわただしく過ぎる毎日のなかで知らず知らずのうちに「中腰姿勢」や「前かがみ姿勢」の時間が多くなり、股関節や足の付け根に負担がかかってしまいます。

当院の施術が行うこと

痛みをもたらす課題に取り組む‐当院では、縮んで短くなった筋肉と動きの悪くなった関節を調整し、骨盤や股関節の歪みにアプローチしていきます。

股関節や足の付け根のトラブルは、周囲の筋をほぐしただけではなかなか解消できません。

・関節をまたいでいる筋肉や靭帯を実際に動かすことで、初めて柔軟性が回復されてくるのです。

「関節の柔軟性高める」ことまで視野にいれて施術を行います。

始めはムリの無い範囲から少しずつ動かしていき、徐々にその可動域を広げていきます。

関節の可動域を広げることで「足の付け根に軽さ」「大きな歩幅」「立ち上がるときに膝の痛みの軽快」を目指していきます。

・ご高齢な方で『変形性の膝関節症』と診断された方でも、負担のかからない方法で筋肉を調整していきます。

変形を今以上に進行させない為には膝まわりの筋力をつけて関節を保護する必要があるため、無理なく筋力アップできるような体操もとり入れていきます。

また痛みのでにくい座り方、歩き方の指導もしていきますのであきらめずにご相談下さい。

お問い合わせ

ゆりがおか整体院までのアクセスのご案内

住 所:〒215-0003
神奈川県川崎市麻生区高石3丁目11-9 大和ハイツ1階
アクセス:小田急線百合丘駅徒歩7分 読売ランド前駅徒歩9分

お問い合わせ・ご予約は
044-577-1791
営業時間:
平日10:00~12:00 14:00~19:00
土日・祝日:9:00~11:00 14:00~18:00
定休日:毎週火・水曜日

お問い合わせ