坐骨神経痛

坐骨神経痛ってどんな症状?

  • お尻から太ももの裏、外側に痛みやしびれがある。
  • 膝から下、ふくらはぎやその外側、足の裏にまで痛みやしびれがある。
  • 前かがみ姿勢が長く続くと痛みやしびれが出やすい。
  • お尻の痛み
  • あしのしびれ
  • 太ももが痛い
  • ひざのうしろが痛い

何が原因?

椎間板ヘルニアや臀部の筋肉の緊張

坐骨神経とは腰から出て、お尻、ももの裏、ふくらはぎを通って足先までを支配する、人体のなかでも特に太くて長い神経です。
この神経の走行に沿って痛みやしびれ、重だるい感じがすることを『坐骨神経痛』と呼びます。

椎間板ヘルニアによる坐骨神経の圧迫や、たとえヘルニアではなくとも、長時間の座り姿勢や立ち仕事などにより、お尻の筋肉である梨状筋が緊張することによってでも痛みがでることがあります。

骨盤の前傾姿勢は症状を強くする

骨盤が前に倒れるような立ち姿勢、足を組むクセ、長時間の座椅子の使用などの生活習慣も、坐骨神経を強く引っ張ることになり、症状を強くする原因となります。

坐骨神経が障害をうけると、走行に沿った部分、特にお尻の筋肉の筋力低下を起こすため、症状の出ている側に突っ張るような立ち姿勢がクセになり、足をひきずるような歩き方になることがあります。

無理な腹筋運動は症状を悪化させることも…

坐骨神経痛がとれないのは「腹筋が弱いから」と言われ、勢いを使った腹筋を繰り返しているうちに余計に症状が悪化したというケースは少なくありません。
日頃から前かがみ姿勢で悲鳴を上げている腰の下部(腰椎の4-5番付近)が、過度なエクササイズにより、さらに負荷がかかったためと考えられます。

当院の施術が行うこと

坐骨神経の走行に沿った硬く緊張した筋肉を緩めていきます。

下肢の血流のために‐特に神経圧迫の原因となる腰やお尻の筋肉、痛みの為に緊張して硬くなったももから足先までの筋肉を念入りに緩め、あわせて股関節の稼動範囲を広げる関節操作を行います。

当院では痛みの予防も視野に入れています

一人一人のクセと痛みの出方を検証し、坐骨神経を圧迫しにくい姿勢のとり方、生活習慣のアドバイスを行います。

また坐骨神経痛により低下したお尻やももの筋力を鍛えるエクササイズも積極的に取り入れて指導していきますので、健康の維持にも役立ちます。お問い合わせ

ゆりがおか整体院までのアクセスのご案内

住 所:〒215-0003
神奈川県川崎市麻生区高石3丁目11-9 大和ハイツ1階
アクセス:小田急線百合丘駅徒歩7分 読売ランド前駅徒歩9分

お問い合わせ・ご予約は
044-577-1791
営業時間:
平日10:00~12:00 14:00~19:00
土日・祝日:9:00~11:00 14:00~18:00
定休日:毎週火・水曜日

お問い合わせ